メニュを開く メニュ

オーナーのひとりごと

  • 八ケ岳おろしが…

     小寒が過ぎ、冬ですから寒いのは当たり前ですが、例年に比べて暖かいですね。日本海、北日本では大雪の情報が報道され、日本海で雪が降ると地形的には冷たく乾いた甲州名物“八ケ岳おろし”が吹き、気温を下げるんですが今年はその風が少ないのが理由なのかと勝手に思っています。
    キャンプ場の炊事場の寒暖計が日中、2℃を指しています。

  • あけましておめでとうございます。

     あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。今年も元日、キャンプ場で初日の出を迎えることができました。風もない穏やかな1年のスタートを切ることができました。皆様にとりまして良い年でありますようお祈りいたします。
    朝方、炊事場の温度計が-2℃を指しておりました。          元旦

  • 今年もあと少し…

     今年も多くのキャンパーにご利用いただきありがとうございました。今はクローズ期間に入りキャンプ場もあの賑やかさが嘘のように、静かに自然に戻っているように感じています。あっと言う間の1年でしたがお客様が自然を楽しんでいただけたか?とか、不愉快な思いをされていなかったか?とか、気になることばかりです…
    暖かな日が続き暮れの寒さを感じませんが、周辺のスキー場もオープンしました。いよいよウインタースポーツ本番です。

  • 今年も残り少なく…

     アッと言う間に今年も1か月を切ってしまいました。歳を重ねてきますと1年の早さを痛感しています。キャンプ場周辺の峰々はすっかり白い綿帽子を被ってきましたが、麓は紅葉も薄れてきはじめ去りゆく秋とこれから向かう冬が入り混じった光景がまだまだ見られます。
    周辺のスキー場も縦に白いラインがはっきりとしてきました…ウインタースポーツのシーズン到来です。

  • 今年もありがとうございました。

     立冬も過ぎキャンプ場周辺の峰々の頂も初冠雪を迎えました。その下では紅葉が真っ盛りと秋と冬が入り混じった光景が拡がっています。今年も多くのお客様にご利用いただき感謝申し上げます。これからは雪の降るクリスマスの頃まで場内の整備をしていきます…ご利用ありがとうございました。
    周辺のスキー場が来月のオープンに向け降雪の下準備に入っています。あと少しすると白い縦のラインが見えてきます。

  • ありがとうございました。

     先週の「星を見る会」を最後に今年のイベントを無事終了することができました。今年は天候に恵まれず観望会は計画(15回)の半分ほどしか望遠鏡を出すことができずストレスの溜まるシーズンでした。最後の日は一念天に通じたのか気温も下がり夏と秋の星座を短い時間でしたが楽しんでいただくことできました…シーズンはこれからが本番なんですが…
    晴れ、炊事場の温度計が朝方12℃、昼20℃を指しています。

  • ありがとうございました。

     先週の「星を見る会」を最後に今年のイベントを無事終了することができました。今年は天候に恵まれず観望会は計画(15回)の半分ほどしか望遠鏡を出すことができずストレスの溜まるシーズンでした。最後の日は一念天に通じたのか気温も下がり夏と秋の星座を短い時間でしたが楽しんでいただくことできました…シーズンはこれからが本番なんですが…
    晴れ、炊事場の温度計が朝方9℃、昼21℃を指しています。

  • 鬱陶しい秋雨

     季節の変わり目の秋雨前線もなかなか押し上がらず停滞して鬱陶しい日が続いていますね。梅雨前線は夏を乗り越えるために必要だと我慢しますが、秋雨は生活するには邪魔のような気がしませんか?。農家の皆さんも雨の合間の貴重な晴れた日に忙しく稲刈りに精を出しています。
    曇り。炊事場の温度計が朝方17℃、日中23℃を指していました。

  • 台風も異変が…

     四季の移り変わりの現象でしょうか、台風のシーズンがやってきました。何か原因があるんでしょうが、今年の台風はフィリピン沖での発生ではなく、千葉寄りの東側の南海で発生するため本土のど真ん中に向かってくるケースが多くなっています…幸いウッドペッカーのある山梨は内陸と盆地?という地理的条件に恵まれ台風の影響が少なく済んでいるように思います。
    炊事場の温度計は朝方18℃、日中は27℃を指しています。

  • 残暑お見舞い申し上げます。

     二十四節気の一つ、「立秋」以後は残暑と言いますが、まだまだ暑さはこれから。セミ達も短い夏を子孫繁栄のため、雄ゼミが雌ゼミに居場所を教えるかのように一生懸命アピールしています…そう思うと五月蠅いなんて言えないですね。
    炊事場の温度計が朝方21℃、日中29℃を指していました。

ページの
先頭に戻る