メニュを開く メニュ

オーナーのひとりごと

  • 良い季節です。

    前々回の「好きな季節です」をアップしてからは毎週末になると台風が発生し上陸したり、梅雨空のような天気が先週まで続いておりました。11月に入って朝晩の気温が下がり、これからは安定した気候が続くでしょうし、続いてほしいですね…紅葉も一気に進み見ごろを迎え、「津金のふじ」ブランドも甘さを増してきます。
    炊事場の温度計が朝方5℃、日中21℃指しています。

  • 実りの秋です。

    秋、真っ只中。何処からともなく金木犀の香りが漂ってきます。今年は暑さがいつまでも残り、日中は汗ばむ日が続いてますが、朝晩は気温が下がり体調を崩しやすいですね。キャンプ場周辺ではクリ、キノコ、アケビ、ヤマブドウ、クロスズメバチの子(ヘボ)など実りの秋…今月はあちこちで大収穫祭が開催されます。
    炊事場の温度計が日中23℃、朝方15℃を指しています…秋の夜長、焚火を囲んでの~んびりとお過ごしください。

  • 好きな季節です。

    良い季節になってきました。一年を通して5月中旬から6月中旬は新緑が楽しみながら。また、9月中旬からクローズまでは大気が安定、紅葉の移り変わり楽しみながら。これからは朝・昼の寒暖差が多少ありますが、焚火を囲んで夜空を眺める至福の時間を楽しんでください…好きな季節です。
    「季節のたより」も季節感が満載、折角ですのでチョッと覗いていってください。炊事場の温度計が朝方17℃、日中は24℃を指しています。

  • 自然の驚異を…

    お盆休みも過ぎ、キャンプ場内も静けさを取り戻してきました。今夏は前半は雨に日が多く、中盤は台風10号が迷走の上、スピードも遅くご家族キャンパーを悩ませ自然の驚異を思い出させてくれました。。後半のこれからは夕方には秋の風が吹き始め昼は蝉の声、夜はコオロギの声と夏から秋へと入れ替わりを感じさせてくれる季節でもあります。
    今シーズンは南の空に土星と木星がくっきりと見えます、チョッと夜空を見上げてください。

  • 夏、に向って?

    昨年より1か月遅い梅雨が明けました。もうすぐと思いながらの梅雨明けに安堵感と期待感が入り混じっていますが、早々に全国的に猛暑の報道が流れ、体が付いていけない感がありますね。標高1000m程の林間サイトは、都会の暑さを忘れさせてくれる環境です…自然のクーラーを感じてください。
    炊事場の温度計が朝方22℃、日中が29℃を指しています。

  • もう少し…

    鬱陶しい季節が続いていますね。ウッドペッカーのある山梨は何らいつもと同じ梅雨時期のように感じていますが、メキシコでは外気温が31℃もあったにもかかわらず大量の雹が降り多い場所では2mにも達したとのこと、日本ではゲリラ豪雨に線状降水帯などと何となく地球規模でおかしくなっているように感じています…あと少しジッとしていればカラッとした夏がやってきます。

  • 梅雨入りしました。

    6月7日、気象庁が関東甲信と東海や北陸も梅雨入りしたと宣言をしました。これからしばらくの間、鬱陶しい季節が始まります。ただ、キャンプ場内のカラマツやアヤメなどは生き返ったようにみずみずしく感じます、と同時に雑草たちも元気に伸び始めます…昨年の梅雨明けは6月29日でしたが7月の20日までは雑草との戦いが続きます。
    今日、日中は雨、炊事場の温度計も下がって15℃を指していました。

  • アジサイと雨

    早いものでもう6月。6月と言えばアジサイと雨が一番に思い浮かびます。天気図にも西~東へと梅雨前線が伸びて九州南部が影響し始め、もうしばらくすると関東も梅雨入り宣言が出そうです。鬱陶しい季節ですが、水源の水がめ(塩川ダム)の為にも1年を通じても最も大事な季節ですね。
    「季節のたより」も花盛りチョッと立ち寄ってください。

  • 旬を食す。

    今年はもうないだろうと思われる大型連休。ウッドペッカーの八重桜も連休に突入と同時に色づき始め、ピンク色が濃くなってきました。結果的にはタラの芽の一番も一昨日に食し、ほぼ平年並みと言った感じです…これからは山菜が次々と出始め、旬を感じながら美味しくいただきます
    炊事場の温度計が朝方8℃、日中24℃を指しています。

  • 水緩む季節

    近くを流れる須玉川も暖かになってきたせいか水の流れる音が柔らかく感じるようになってきました。ただ、周辺の峰々にはまだ雪を被っていますので、風が吹くとまだまだ冷たい風が吹き下ろしてきます。これからは三寒四温を繰り返して確実に暖かくなっていきます…いよいよアウトドアシーズンですよ~。
    炊事場の温度計は日中は10℃、朝方2℃を指しています。

ページの
先頭に戻る