メニュを開く メニュ

オーナーのひとりごと

  • また戻って…

    数日前に晴れ間が覗き、最後の夏を楽しんでいただけるかと思っていましたが、また愚図ついた天気に戻ってしまいました。天気図でも太平洋高気圧が弱く、日本の上空に前線が居座っているのが最大の原因のようです…このまま秋になってしまいそうで林間の爽やかさが出ていません。
    「季節のたより」も初秋の気配です。

  • 戻ってきました…

    前回の“ひとりごと”が天に届いたのか眩しい日差しが戻ってきました。まだ、湿度は高いですが爽やかな風が吹き抜け、蝉達も元気を取り戻し残り少ない夏を盛り上げてくれています…キャンプ場もお盆の賑やかさから落ち着きを取り戻し秋へと進み始めています。
    遠くからスズムシ・コオロギが聞こえ来るようになりました「季節のたより」も変わり始めています。

  • 夏が何処かに…

    夏前半の猛烈な暑さが台風11号より一変し、夏の眩しいほどの太陽も影を潜め、ヒグラシ・ミーミーゼミ・クマゼミの鳴き声にも元気がなく、どよ~んとした天気が続いています。太平洋高気圧が弱く前線が日本の上空に停滞しているのが原因のようですがこのまま秋になってしまうんでしょうか?…林間特有の爽やかさが出ていません。
    ですので「季節のたより」も秋向かって?います。

  • 夏、真っ只中

    温度計は日中は30℃、朝方は18℃前後をさしています。1000m近くある林に囲まれたウッドペッカーでは体感温度はさらに2℃~3℃低く感じるのではないでしょうか?。「高原は100mの高度を増す毎に0.6℃ずつ下がり、これに風が吹くと風速1m毎に体感温度が1℃下がる」と言われています…林間を抜ける風は爽やか、「新鮮な空気と太陽、あふれる緑の中で!」を感じてください。
    ペルセウス座流星群が8/12深夜から13日明け方にピークを迎えます。満月過ぎの為環境は良くありませんが1時間当たり数十個ほど見えるとか?

  • 夏に突入…

    梅雨が明けました。今年は昨年より16日、平年より1日遅いとのこと。後半、曇り空が多かったせいかキャンプ場内に差し込む太陽が眩しく感じております。これからは林間サイトを抜ける爽やかな風が心地よく感じる季節になります…「新鮮な空気と太陽、あふれる緑の中で !」を体感してください…今現在日中は28~30℃、朝方には15~18℃になります。
    「季節のたより」も夏に突入です。お立ち寄りください。

  • 熱中症にご注意ください

    もう7月。梅雨時の猛暑日は、湿度が高く体が暑さに慣れていない事もあり、体内調整が出来なく熱中症にかかりやすいようです。熱中症を防ぐ諸条件があるようですが、食事と睡眠をしっかりとり無理をしないことです。特に60歳代の体力に過剰に自身のある方は特にご注意を…自戒の意味をこめて。

  • 梅雨らしく…

    あちらこちらでゲリラ豪雨が発生している情報が流れていますが、ウッドペッカー周辺は入梅宣言をしてから雨の量が少ないような気がしています。その分草の伸びが少なく例年ほど草刈りに追われることもなく、一息ついているところでが梅雨らしく降っていただきカラッとした夏を迎えたいもんです…地中に巣を作っている蟻さんは洪水に遭うこともなくせっせと拡張しているようです。
    「季節のたより」にも賑やかになってきました、チョッと覗いて行ってください。

  • セミの声が…

    昨日よりハルゼミの鳴き声が松林から聞こえて来るようになりました。と同時にテレビからは小まめに水分を取り、熱中症に充分注意してくださいと言っています。ハルゼミは日差しが強くなり、温度計が20℃以上を指すと鳴き始めるようです…人間より環境に敏感なんですね。そろそろホトトギスの声も聞こえてくるでしょう。
    「季節のたより」も春真っ盛りです、チョッとお立ち寄りください。

  • ♪カエルの歌が… ♪

    ここ2・3年前よりキャンプ場周辺の田んぼに異変が起きています。少子高齢化が進み放置された田んぼ・畑が目立ってきました。昔ながらの賑やかだった田園風景が少しづつ見られなくなり寂しさを感じています…カエルやツバメなどの減少も田んぼと密接な繋がりがあるのかもしれません。
    「季節のたより」は盛り沢山です、お立ち寄りください。

  • ザ・春です

    朝・晩の寒さが続いたせいか新緑の目覚めも遅く、やっと周辺の木々も新緑に染り、アウトドアには最適な季節になりました。青い空と陽に当たった新緑の眩しさだけで充分に春の清清しさを感じています…里山もやっと活気付いてきました。
    「季節のたより」に場内で見られるキツツキを掲載しています。お立ち寄りください。

ページの
先頭に戻る