大自然に抱かれたキャンプ場ウッドペッカー
本文ここから

オーナーのひとりごと

 8月も半ば、残暑お見舞いの時期になりました。場内では日中はまだまだ日差しも強く蝉たちが忙しく鳴いていますが、朝夕は心地よい風が通り抜けヒグラシも鳴き始めています…台風シーズンとはいえ、立て続けに日本列島を脅かしております。これ以上は“おごっさん“という感じですね…いい季節になってきました。場内の気温は朝方15℃、日中28℃を指しています。
大接近した火星は9月上旬まで見頃とのこと、赤く光った星を探してください。

2018年08月14日

 これから台風シーズンではありますが、台風12号はお騒がせのうち無事通過。キャンプ場始まって以来の太平洋から西に進む異常な経路をたどりましたので、雨は?風は?と心配ではありました。今まで張り出していた高気圧群も台風が通過した後は一変して日中は夏らしく、朝晩は秋風のような涼し風が吹き始めました…やはり10日程早く、しばらくすると夜には虫の声も聞こえてくるでしょう。場内の温度計は日中28℃、朝方18℃を指しています。
8/11~13日にかけて「ペルセウス座流星群」がみられる。特に8/12の深夜から8/13の明け方に最も多くみられるようです。

2018年08月01日

サマーシーズンに入り高気圧が日本列島を覆い始め、各地で38℃、39℃などの報道が流れるようになりました。標高1000m近く、木立に囲まれたウッドペッカーは湿度が少ない為、日中林外は35℃でも林内は32℃、体感温度は更に3~4℃低く感じられます…風が吹き抜けると更に心地よし。
炊事場の温度計が朝方21℃、日中32℃を指しています。
※火星が31日には地球に最接近し観望の好機を迎えます。

2018年07月15日

 先月の29日に気象庁が関東甲信地方が梅雨明けしたとの発表がありました。平年より22日より早く、昨年より7日早いようです。1951年統計を取り始めて以来最速とのこと。このまま進みますと7月中旬頃から猛暑になり、8月初旬の頃には秋風が吹いてるかもしれませんね…梅雨前線が戻らないといいですね。
炊事場の温度計が朝方18℃、日中25℃を指しています。

2018年07月01日

 静かな環境に居ますと朝方から夕方にかけてカッコー、セミ、ウグイス、キツツキのドラミング、ホトトギス、夜になるとカエルの合唱と心地よい鳴き声が自然と耳の中に入ってきます。自然の中で作られたものは人間の波長に合うんですね…癒しを感じます。
「季節のたより」も色鮮やかになってきましたチョッと寄ってください。炊事場の温度計が朝方13日℃、昼24℃と心地よいです。

2018年06月01日
(1) 2 3 4 ... 29 »
ホーム アクセスマップ お問い合わせ お問い合わせご予約専用メールフォーム ページの先頭に戻る